価値観のすり合わせ~食~リアルフードキッチンという名前が付く前の話

生活の質-身体-
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

親に自分の意志で初めて買ってもらったCDはジュリマリのそばかすでした。たしか4〜5歳ぐらい。遊び方としては、聞いて終わり!でも良いような気がしますが、自分の意志が乗ると行動力がありました。今思うと、女性の歌だし、テンポも早めで難しそうに思えるけど、「どうしてもうたえるようになりたい」と思ったみたいです。漢字が全く読めないので、母にお願いして歌詞を全部ひらがなにしてノートに書き起こしてもらい、ずっと練習している子供でした。

やす
やす

みなさんは初めて買ったCD、
初めて買ってもらったCDはなんですか?

大人になって、”自分の意志が乗っている”と感じる事は少なかったものの、人生変えたい!と思い、食を変えた時はさすがに自分の意志力を感じました。

この記事の結論:お互いの価値観を照らし合わせて、健康に向かうという方向性と食事の優先順位をすり合わせをした。その結果お互いの生活がより快適になり、生活の質が向上した。

価値観のすり合わせ~食~リアルフードキッチンという名前が付く前の話

食を変え始めた頃、徐々に2食/1日にしていきました。昼は弁当、夜は仙人?もしくは、うさぎの餌の様なメニューでした。主に野菜が多く、運動量もそれなりにあったので、肉も300g。当時、妻と付き合い始め、特にアレンジもせず、そのままを2人で食べていました。

当時は、僕自身の人生変えたい!という一心で食事を変え、その日を必死に生きていたため、写真をほぼ撮っていませんでした。ブログをやりたい!と思いはじめてから、徐々に写真が増え始めました。

僕が妻に合わせ、妻が僕に合わせ、RFKの原型が出来ていった。

やす視点

ヨガインストラクターの妻の帰りが遅く、彼女の調子が悪いとき、塊の肉でお腹が痛くなる姿を見ていました。お味噌汁が好きという前情報と、ひき肉なら体調に触らない事を聞いていました。具だくさんでお腹いっぱいになりたいという僕の願望も混ざり、具だくさんなけんちん汁を作りました。

ゆり視点

食べる食材が限られているやすでも食べられるし、ちょうど味がボケてしまっているりんごが大量にあったので”サツマイモとりんごレモン煮”を作ってくれました。にがくてあまいというベジタリアン向けの料理が載っている漫画から、再現してくれました。シナモンが効いていてめっちゃ美味しいです。

食事は家族で作っていくもの。

僕らは、一緒に食べられるメニューを作っていきました。子供がいない家庭で恐縮ですが、どちらか一方の実家の味を再現するわけでもなく、どちらかの食べたい物を押し通すでもありません。別々のメニューを食べるでもなくです。食事を通してお互い笑顔でいたいから、この考えに至っています。

まだ未知ですが、もし子供を授かれたとしたら、別々のメニューではなく、一緒に食べられるメニューを模索しようと考えています。

正社員をしながら、やりたいことを探していた

妻と結婚前、お互いにやりたいことを探していました。未だに探している様な気もしますが、当時の僕は本業以外の副業にできることを探し、ブログをやりたい!思っていました。でも、なかなかはかどらない。ということで、当時話題に上がっていたこの本でワークをそれぞれやってみることに。

その頃ちょうど、年末にヴィパッサナー瞑想の10日間合宿に行こう!と盛り上がっていました。申込み開始直後に満席になり、参加を断念した経緯があり、この本のワークに取り組む時間はたっぷりありました。
※合宿中は会話ができない特別な合宿です。

価値観ワークの結果ーやす

やすの価値観ワーク結果

1.誠実
2.健康
3.研究
4.挑戦
5.快適な生活

とにかく目の前の仕事をひたすら取り組んできた会社員時代だったので、自分のいろんな感情を押し殺して生活していたんだなぁと振り返っています。だからこそ、自分に対して誠実で在りたい。人に対しても誠実で在りたい。という気持ちから1位に来ていると分析しています。

価値観ワークの結果ーゆり

ゆりの価値観ワーク結果

1.調和・信頼
2.自由
3.表現
4.美
5.健康

健康はやすが2位、ゆりは5位

僕は価値観ワークで健康が2位でした。ゆりにも聞いてみると、5項目中に5位に健康が入っていました。事前相談や途中経過をシェアしていなかったので、純粋にお互い考え抜いて出した結果でした。この結果と、今までの健康食からの良い変化を踏まえ、彼女にこんな宣言をしました。

やす
やす

改めて、今後3年間は健康に全振りするけど良い?
食事の優先順位は最優先って認識で合ってる?

僕自身の生き方として、健康に向かうという方向性と、彼女と付き合う中でうっすら認識していた、食事の優先順位をハッキリさせたかったのです。

さいごに

この記事の結論:お互いの価値観を照らし合わせて、健康に向かうという方向性と食事の優先順位をすり合わせをした。その結果お互いの生活がより快適になり、生活の質が向上した。

バカ真面目に価値観を照らし合わせて、人生における健康と食事の優先順位を確認した我が家でした。

やす
やす

みなさんの人生の中で、
健康食事優先順位はどれぐらいでしょうか?

夫婦やカップルの間で確認してみると、

意外な発見があるかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました