夕飯の仕度。おもむくままにお吸い物。

食事
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

小学校の頃、雪が積もる長野の村に住んでた頃、教室や体育館では半袖半ズボン男子でした。来る日も来る日もドッジボールをしていました。

やす
やす

毎日ドッジボールしていましたが、
嘘じゃなく、毎回、めっちゃ楽しかったんですよね。
だれでも参加OKにしてたから、

その日しか味わえない楽しさがあったのか!と思い返しています。

今日は夕方から妻が仕事で外出でした。帰りはだいぶ遅くなります。そんな時は僕が料理当番となります。

この記事の結論:その日にしか味わえない汁物を、ささっと作れるようになると、生活の質がめっちゃ上がります。

冷蔵庫にある食材だけで作る。

今日の素材

玉ねぎ、にんじん、オクラ、豆腐、出汁パック、塩

今日は外出前の妻から、オクラを使い切って欲しいという依頼がありました。おもむろに作り始めたので、素材が前集合している写真を取り忘れました。すみません。

味噌を入れれば味噌汁にもなれた。

今日の汁物は塩を入れてお吸い物にしましたが、味噌にすれば味噌汁にもなれました。かなり気分に左右されますが、味だけで2通り。冷蔵庫の素材によって、その日しかつくれない汁物が誕生します。

やす
やす

トマト味噌汁も美味しいし、
チーズを入れても美味しい。
どんな具材でも参加自由の、その日しか味わえない特別感が、
飽きが来ない理由かもしれません。
今日はどんな汁物が作れるのか?とワクワクします。

ひとりごはんだとこんな時もある。

お昼が軽かったのもあり、ご飯とお汁をどちらもお代わりしました。この他にも、干しいもを少しかじっています。

妻が帰って来たタイミングで、お漬物と焼き鮭と少しご飯を食べました。
ゆり
ゆり

あごだしと塩バッチリ!
美味しい!

出汁も食べられる。

出汁は全て素材を粉末にした出汁パックだったので、袋から出して鍋にぶちまけています。粉末も全て可食な食材です。新婚祝に頂いた茅の舎のだしをつかっています。焼きあごと塩は相性が良かったです。

料亭のように澄み切ったお汁が飲みたければ、出汁は出汁パックのまま使うのが良いと思います。ですが、食べられるので、我が家では粉末もありがたく頂いています。いただきものですが、でんぷん粉分解物と発酵調味料ってなんだろう?と疑問に思います。

さいごに

この記事の結論:その日にしか味わえない汁物を、ささっと作れるようになると、生活の質がめっちゃ上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました