通い慣れた勤務地・住んでいた街なのに行ったことないところばかり

生活の質-身体-
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

昔からかなりの方向音痴で、特に小学校時代は転校後の通学路を覚えるのに必死でした。方向音痴具合は大人になっても直っておらず、最近も山手線を逆に乗っていました…。こうなると、外に行くより家に居る事のほうが安心するので、結果インドア派です。

やす
やす

スマホの地図アプリのおかげで、
迷うことはほぼ無くなってきていますが…

こっち!って直感で進むと目的地と逆なんですよね…

少し前の話になるけど、勤務地かつ以前住んでいた五反田に行き、ずっと気になっていた台湾豆乳屋に行ってみました。

台湾豆乳屋–東京豆漿生活

住所東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル 1F
営業時間[月~金]
8:00~15:00
[土・日・祝]
9:00~15:00
※売り切れ次第、閉店
日曜営業
食べログより転載

緑豆湯-りょくとうスープ

綠豆スープは冷たく、甘い、小豆のような風味でした。お昼時でお腹が空いていたので、少しガッツリした味が食べたかったので、妻が頼んだ鹹豆漿と交換してもらいました。ご飯というよりスイーツ。

ブログを書くにあたり、食べログの写真をみていたら、ガッツリ「暑い夏に 冷たくて甘い スイーツです」と書いてありました。うっかりしてましたね。

鹹豆漿(シェントウジャン)とごまパン

温かい豆乳と、お酢、ラー油、ネギ、どれもマッチしてて美味しかったです!次行く機会があれば、鹹豆漿を頂くと思います。

さいごに

過去に行った台湾旅行では、魯肉飯や四神湯、豆花、排骨飯、麺線、胡椒餅など色々食べましたが、鹹豆漿は食べていませんでした。妻いわく、本場の味に近いそうで、それが五反田で食べられるなんて思ってもいない発見でした…。

やす
やす

通い慣れた道ではなく、
たまには冒険すると、意外な発見があるかもです!
レッツ散歩!

コメント

タイトルとURLをコピーしました