買って良かった。土鍋は生活の質が上がりおすすめです。

おすすめ商品
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

土鍋生活が続いています。
買う前は、すぐに飽きちゃうかな?と心配していましたが、
むしろ、好んで使っています。

土鍋生活が始まったばかりですが、
おすすめポイントをまとめていきます。

格安で買えた


飽きてしまうかも。と不安におもったものの、
購入に踏み切ったのは、楽天で格安だったから。
工場直送で、お届けまで時間がかかるけど、
安く購入できました。
3合炊きで3000円切りました。

お急ぎならAmazonもありかも。

三鈴窯 ごはん土鍋 日本製 萬古焼 三合炊き
https://amzn.to/3SR16Qr

メリット

雑穀米もふっくら炊ける

我が家では、
もち麦と39穀米をブレンドした、
食物繊維豊富な、かなりしっかりしたご飯を食べます。
そんなご飯でも、ふっくら炊けます!
すごいぞ土鍋。

炊飯器より手間が増えているのに、精神的に楽な気がする。

これが一番不思議です。
お米を浸水させて、土鍋に移す。
土鍋に移すときも、手で掻き寄せるので、手間は増えてます。
なのですが、「ごはん炊こう!」と考えると、
自然と土鍋の準備をしているんです。
確かに炊飯器は手間が極端に少ないです。
ですが、炊いている感覚が少ないのかな?と推察します。
あとは、電化製品はいつか買い替える必要がある…
きっと3万円以上するんだろうな…と脳裏によぎりますが、
土鍋は3000円〜6000円ぐらいで買えます。
あと、土だから、割れるのはしょうがない!と思えるので、
気楽に使えています。

感動した調理法-カオマンガイ

いつもは炊飯器で作るカオマンガイ。
ご飯と鶏肉を炊くと、ほぼ出来上がっている優れた調理法!
ということで、月一以上のペースで夕飯に登場します。
残ったご飯も翌日に食べられて凄く気に入っているメニューです。

そのカオマンガイを土鍋で試したところ、


鶏肉がめちゃくちゃジューシーに仕上がって感動しました!!!!!


炊飯器だと、もも肉でも、水分が飛んでムギュッとした感触になります。
ちょっと良くない表現をするとゴムっぽさがでてしまう。
それでも美味しいんですけどね。
それと比べて、土鍋鶏肉のみずみずしさ。
柔らかさが異次元でした…。

やす
やす

んまい!
めちゃくちゃ美味しい!
思い出したらよだれが出てきました🤤

デメリット

火加減の調整が必要

最初の10分は中火より少し強め。
その後3分は弱火。
フシュー!と蒸気が出てきたら、
20分蒸らす。
炊飯器に比べると観察する労力は必要ですね。

重い

見た目どおり、重いです。
約1.6kgです。
ふとした拍子に、蓋を落としてしまう不安があります。
取扱いに少し神経を使いますね。

収納場所が必要

収納場所は必要です。
炊飯器なら、置きっぱなしが普通ですが、
土鍋は収納場所を作っておく必要があります。
食器と並べる感じでもないし…
ということで、以前購入した調理テーブル兼収納スペースにしまってあります。

3合炊くなら、一回り大きい土鍋にすればよかった

今、3合炊きで3合炊いています。
ですが、かき混ぜるのが結構たいへん。
溢れて、ぽろっとこぼれそうです。

買い直すなら4合炊き

かき混ぜるのが大変以外はパーフェクト。
すぐには必要ないけど、
買い直すなら4合炊き以上の土鍋を買います。

さいごに

今回は、生活の質が上がる!土鍋の紹介でした!


三鈴窯 ごはん土鍋 日本製 萬古焼 三合炊き
https://amzn.to/3STouvw

ぜひ、リアルフードキッチンにもお越しください♪


最後までお読みいただきありがとうございます!
Yasublogでは、”生活の質が上がる”をテーマに記事を執筆しています。
僕のプロフィールなどは、以下のリンクをご覧いただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました