リアルフードを通して見たい景色

食事
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする
やす
やす

今日は想い中心です。

世界中が知っているライフスタイルにしたい。

最近は街でヴィーガン料理が食べれるレストランが増えましたよね。訪日される方で宗教上の理由から流行っている可能性もありますが、リアルフードも世界中の人が知っていて、レストランのメニューの1つにリアルフードメニューが当たり前にある世界を夢見ています。

健康家庭料理というジャンル

知人・友人を参考に色んな家庭の食卓事情を聞かせてもらう中で、圧倒的に作る人が疲弊している。もう、大変過ぎて嫌になっちゃってる。疲れすぎて拗ねちゃってる。慣れてるから手際が良いけど、メニュー考えるのも嫌だし、指摘はされても喜ばれることが少ない。不満を上げるときりがないですね。その原因として、「作る側がプロの味を再現しようと必死・食べる側もお店で出てくるクオリティを期待している」という現状がありました。リアルフードキッチンではプロの手間をかけずに、続けやすさを常に重視しています。無理せず、かんたん、シンプルな調理を採用しています。最新の時短家電などは使わず、なるべくフライパンや鍋でできる料理を考案・採用しています。それでいて、続けていたら調子が良くなっている「健康家庭料理」というジャンルを目指しています。

生きていくのだから、自炊はできるにこしたことはない。

人間と動物の違いは、意志をもって行動できるのと、火を扱えること。原始時代から人間は調理をして、命を繋いできています。シンプルに肉を焼くだけだったかもしれませんが、文明が発達した現代では、自宅で肉を焼いたことがない人もいるはずです。自分で調理して、自分好みのスタイルを見つける喜びを知ってもらいたい。自分の内から湧き出る喜びに気づいて欲しいと考えています。

笑顔の総量を増やしたい。

広まって何がしたいの?というと、リアルフードな生活にすると身体も心も楽なんです。自分のやりたいことに全力投球するには、身体も大事。身体のコンディションを整える事で、やりたいことに全力投球できる。食生活による心身の乱れを予防したいという気持ちが強いです。結果、笑顔の総量を増やしたいという想いがあります。

"笑う"には、人をいじって、生み出される笑いや、嘲笑ったりと、攻撃性のある"笑い"が存在します。そうではなく、その人の微笑みや笑顔が見たいという想いです。穏やかな日々への手助けがしたいということです。

ダイエットがエンタメ化する異常

悩んでいる方に対しては申し訳ないのですが、世の中に溢れるダイエットコンテンツがエンタメ化していることに違和感を感じます。「今年も夏間近!いまからでも間に合う?」と焦らせてみたり。一部参考になるものもある事は承知ですが、一歩間違うと健康被害を誘発しかねない内容もあり、憤りも感じます。これまた失礼ですが、よく考えてみると、きっとみんなやりたいことがあるはず。ということは、ダイエットに費やす時間って、時間をかければかけるだけもったいなくない?とも思います。

よく食べて、よく動き、よく寝る

基本的な人間の活動ですが、よく食べて、よく動き、よく寝る。これに尽きると思います。全部一気に改善できたら理想的ですが、なかなかそうも行きません。ということで、リアルフードキッチンでは食事に特化した健康家庭料理を提案しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました