【毎日投稿復活します】ここ最近の事。ライティングの方向性。

モチベーション
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

こんばんは。
やす です。

ここ最近、ブログをお休みしていました。
体調が悪いわけでも、メンタルが落ちているわけでもなく、
ちょっと手を止めて考えてみたかった。

朝活が見事成功して、活動時間が増え、行動量が増えたのに、
なんで手を止めるんだ!とコーチから怒られそう。

ライティングの勉強を通して思うこと。

ライティングの勉強をしていく中で、
こんな気付き、目標設定を更新しました。

ネット検索した時に、上位表示される記事を書いてみたい。
それも、月間の検索量が多いキーワードで。

というのも、ここ2週間の目標は、
活躍、貢献、社会的意味を考えるようで、
評価・結果にこだわる時期らしいです。

貢献・社会的意味も見いだせる。

検索量が多いキーワードで、上位表示されるためには、
悩みを解決する、良いコンテンツを作る必要がある。とのこと。
なんだか、貢献・社会的意味がありそうです。
詳しく学べば学ぶほど、そう思えてくる。
結局のところ、検索エンジンが使いやすくなるような記事を書く。
これがなにより大事そうでした。

やす
やす

なんだか、意図とぴったり合う気がします!


ロジック的なところは、こんなところ。
頭をよく使っていた反動でしょうか…
ふと、子どもの頃を思い出すことがあったんです。

ふと、子供の頃の欲求を思い出す。

小学校の高学年の頃、長野県の山奥に住んでいた時の事。
車で30分ぐらいかけて行く、隣町の図書館でスポーツマンの自叙伝を見つけました。
当時、漫画SLAMDUNKにハマっていて、バスケやってみたい!と思っていたので、
手に取ったと思うんです。
その本は、小学生にもわかりやすいような文章だったことは覚えています。

マイケル・ジョーダン真実の言葉 単行本 – 1999/12/1梅田 香子 (著)
https://amzn.to/3U5cXeK
たしかこれだったと思う…

少年だったやすは、こんな事を思います。

こんな山奥で、海外のスーパースター選手の自叙伝みたな本が読めるのすげぇ…
その人が生きた証が残るってすんげぇなぁ…

と憧れの念を抱きました。
映像で観るマイケル・ジョーダンももちろんスゴいのですが、
チョー山奥で、日本語でその人の歴史を読める事にえらく感動したんです。
そして、こんな事を強く思いました。

いつか、生きた証を残したい。

そんなピュアな気持ちを思い出しました。
承認欲求とはまた違う、もっと根源的な欲求な気がしています。
その欲求と、Webライティングが結びついて来た感覚がありました。
講義で聞いた話によると、
良いコンテンツなら、継続的に表示も上に行くそう。
見に来てくれる方が多ければ、僕もWebライターとして生きていけそう。

今後の方向性

そんなこんなで、今後の方向性です。

ブログの毎日更新は継続しつつ、
1記事の文章量が多い、狙った記事も書いていきます。

手を止めたから見えてきた事かもしれません!…よ?

さいごに

早朝公園の気持ちよさにハマってきました。
時間的な問題で、暗すぎるとダーカウの羽が見えない…
ジャーナリングも手元が見えない…
だけど、オススメです。
早朝公園。

コメント

タイトルとURLをコピーしました