note続けています。

モチベーション
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

タイピングする手も、かじかむ季節になってきました。
皆様どう過ごされているでしょうか。

書く習慣、続いています。

僕は、超縁起の良さそうな11月11日にnoteデビューして、
それ以降、毎日1日に2記事書くようになってきました。

ブログで1記事。
noteで1記事。という具合に。

文字数はこんな感じの目安です。

ブログ:1500〜2000文字程度。
note:1000〜1500文字程度を目標につらつらと書いています。

note計7記事。

1記事目

何を書いたら良いかという気恥ずかしさと、新しい環境に飛び込む!という決意をしたためてみました。今思えば、もっと自分を表現出来たのではないか?という反省があります。編集できますが、記念にとっておいて、後で改めて自己紹介を書こうと思います。

2記事目

岡本太郎の自分の中に毒を持ての読書感想文。反骨精神が似ていて、岡本太郎の様に命に対して真剣に生きたかったんだ。と腑に落ちた。という話です。

3記事目

新書のつんく♂の初のビジネス書(たぶん)の感想文。自分の中に毒を持てと共通のメッセージを読み取り、この記事からは、プロの真似ではなくて、「今のできる限りで書く」という方針にした。そんな話です。

4記事目

金曜の夕食は僕が料理当番。妻からのリクエストLINEに基づいて、ご飯を作りました。という記事。リクエストを聞いて、作るのは意外と楽しい!というシェアがしたくて書きました。

5記事目

noteという文化に触れて、名前を変えた話。みんな上手なので、お手本が沢山いて、改善していれば、自己アピール能力が上がる気配がします。

6記事目

同じnoterさんが、生活の質を上げる!と決めた時の僕の状況とめっちゃ似ていて、応援したい!という気持ちから書いた記事。健康と向き合ったときの考え方をシェアしました。

7記事目

このブログで書く内容と、noteで書く内容は変わるんだなぁ。という話。思いや感情を表現しているnoteは少し小説寄りな書き味なのかもしれません。

目標:書くことで収入を作る。

以前の僕は、「言ったのに、気が変わったらダサい。」とか、「できなかったらカッコ悪い。」とおもって、気持ちを表明できなった。そう、言えなかった。でも、最近の心境では、表明するのも良いかも。と思えてきました。こうやって書くということが続けられているので、”書く”事で収入を得たいなと思うようになってきました。希望の収入方法はこれから具体的にイメージしていきます。

さいごに

進捗が良いものもあれば、改善が必要だなぁと思うことも。
今日、久々に腕立て伏せをしたら、胸骨から少し痛みが走りました。運動不足かも。

やす
やす

みなさんは何か続けられている習慣はありますか?

もしくは、改善が必要だなぁ?と思うことありますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました