【身体・人生・思考】実際、なにが変わったの?って話。

モチベーション
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする
Yasu
Yasu

最近、嬉しいことに、一緒になって食事改善を楽しんでくれる友人が増えて来ました。

Yasu
Yasu

なにかと人に説明する機会も増えたので、改めてまとめてみようと思いました。

タイトルにもしているけど、「食事・運動・睡眠を改善して、人生好転した」っていうけど、チャレンジして具体的に何が変わったのよ?というところ。

好転したと言うぐらいだから、収入が爆上がりして高級車に乗ってます!とか、見晴らしの良い高層マンションに引っ越し!という、劇的な変化を期待されるかもしれませんが、そういうわけではありません。
どちらかというと、もっと地味で内面的な話。
でも、個人的にはとてつもなく嬉しかった変化。
チャレンジ前は頑張っても頑張っても、なにか”報われない感”がいつもありました。もっというと、みんなと比べて”生き辛さ”を感じていました。やりたいことも見つからないし、明るい将来が描けませんでした…。
大雑把にいうと、それらが解消されて、生きやすい状態になっている。だからこうやって発信できている。ということです。

もし、これからチャレンジしてみようかな…という人が居たとしたら、「これから色んな変化を実感できるんだろうなぁ…」とニヤニヤしてしまう。そういう感じです。

前置きが長くなりましたが、具体的な変化を見ていきましょう。

身体の変化 よかったこと

・体型キープ 171cm 60kg。※1
・基本、体調がいい。
・頻繁にあった腹痛が激減した。
・偏頭痛が治った。※2
・快便になった(食の回数分以上出る)。※3
・花粉症が落ち着いた。※4
・肌がすべすべになった。
・自分でいうのもなんだけど、若返った。
・体臭が減った。
・口臭が減った。
・汗がサラサラ。
・寝込むことが少なくなった。
・寝付きがよくなった。
・不調の時の原因がおおよそ見当がつく。※5
・暑さに強くなった。※6

※1 3年以上キープ。痩せすぎでは?と心配されることもあるので、健康的に見える範囲の体重で維持。※2 雨の日や台風のときには頭痛が出ることもありましたが、今は改善。※3 私の場合1日2食なので2回以上。※4 花粉シーズンには目薬もささず、薬ものまず、へっちゃらになりましたが、1日だけ謎にくしゃみ連発する日があります。 ※5 100%これが原因だというのは判断つきませんが、あれ?雨の日に頭痛がでるな...など、おおよそ見当がくつくようになった。 ※6 空調ガンガン→炎天下はさすがに具合が悪くなりますが、ずっと炎天下という状況なら以前と比べ、不調になりづらくなりました。

身体の変化 こまったこと

・寒さに弱くなったように感じる。※1
・久々にお菓子(白砂糖入っているやつ)を食べると強い眠気・倦怠感に襲われる。
・気圧の変化で不調を感じる様になった。※2
・昔の食事を試してみると、不調になる事が多々ある。

※1 体脂肪の減少も関係するかもしれませんが、暑さと比べると、寒さは苦手になった気がします。(歳のせいか? ※2 以前は慢性的に不調だったので、どういう時に不調なのか見当がつきませんでした。

人生の変化

・結婚できた。
・妻と二人でビジネスに挑戦中。
・ずいぶん生きやすくなった。
・生活の質が上がったため、生きているのが楽しい。
・自信がついた。
・やりたい事がみつかった。
・いろいろな挑戦ができている。

思考・感覚の変化

・こうやって発信ができるようになった。※1
・思考がクリアになった。※2
・苦手な食べ物が克服できた。
・食の誘惑に勝てるようになった。
・ダイエットについて悩みがなくなった。
・お菓子が不要になった。※3
・浪費癖が直った。
・外食をほぼしなくなった。
・晩酌をほぼしなくなった。
・コロナ禍での自粛でもほとんどストレスを感じなかった。
・むしろ、幸福感が上がっている。

※1 妻の協力がかなり大きいですが、4度ぐらいの挫折を乗り越え、どうにか発信ができています。大進歩。※2 以前は、なにか質問されても、頭の中にもやがかかった感じで、要点がわからず、変な回答になってしまうのが悩みでした。※3 妻の手作りおやつはいただきますが、いわゆるスナック菓子には興味がなくなりました。

思考・感覚の変化 デメリット?

・味覚が薄味派に変わり、慣れ親しんだレストランや食堂、外食チェーンの味が濃すぎると感じる様になった。
・旅行でも食が乱れると、便秘になり、つらく、リカバリーに時間がかかった。
・差し入れでもらうお菓子があまり受け付けなくなり、食べると極度の眠気に襲われたり、不調になることがある。※2
・今まで食べていた普通の商品・お菓子があま!しょっぱ!と思うようになった。
・流行り物に興味がなくなり、話題についていけない。※1

※1 コロナ禍で流行った、生食パン・唐揚げなど。 ※2 外食でも同様。

どうでしょうか?
冒頭にも書きましたが、個人的にはとても嬉しかった変化です。
実際、生活をしていると、忘れてしまうこともあるので、今自覚していることを箇条書きしていきました。
もしかしたら、よかったこと・悪かったこともう少しあると思います。思い出したら追記していきます。

いまのところ、記事の順序はめちゃくちゃですが、これからそれぞれを深掘りして話していこうと思っています。
乞うご期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました