弱っていてもリアルフード

食事
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする


リアルフードな生活って相当ガマンしてるんじゃないの?と思われるみたいですが、実際そんな事は1mmも無くて、自分たちが食べたい食材を食べたいように食べている。そんな感覚です。限られた食材の中での生活は意外にもクリエイティブで、毎日楽しくやっています。

昨日は妻がバッドコンディション

ゆり
ゆり

下の親知らず…痛かった…

昨日、妻が最後の親知らずを抜いてきて、相当痛かったようで辛そうでした。夕飯は、いつも通りと言わなくても少しは食べてほしいなぁと思っていたところ、妻も辛いながらに何か食べたい様子でした。出血もしているし、はやく傷も治したい…薬を飲む前にお腹に何か入れておきたいということでした。

とりあえず、何が食べれそうか、ヒアリング

やす
やす

何か食べれそうなものある?

ゆり
ゆり

うーん..ちょっとわからない…

そんなこんなで、夕飯を作ることになりました。リクエストを聞いてみると、歯ごたえのあるものは無理そう…。お蕎麦やうどんという選択肢もありそうでしたが、そこまでガッツリ食べれる感じでもない…。あまり麻酔が効かず、4度打ち直しで相当痛かったみたいです。精神的に下がり気味ということもあり、とりあえず作ってみて「食べれそうなら食べる」をしてもらう事に。冷蔵庫の中にあるもので考えます。

アラ汁を活用しておじやに

最近、我が家では汁物が増えました。元々、汁物を作る余裕がなかった私ですが、アラ汁や土井先生の人生が楽になる味噌汁でおつゆスキルが上がったためです。前日に作って余った鯛のアラ汁を使って、おじやにしました。卵とみつばと小ねぎを入れてコトコト煮込む。妻も美味しいと言って食べてくれました。よく煮込んだはずですが、冷蔵庫にあった冷やご飯が39穀米ともち麦と玄米の食物繊維マシマシご飯なので、歯ごたえが消えず、少し食べづらそうで反省しました。

デザートもあるよ

お上品ホットチョコレート笑

6.10にスーパーで見つけた大阪府産の初物デラウェアと手作りホットチョコレート。デラウェアも前日の残り。オーツミルクとハイカカオチョコレートとメイプルシロップで作ったホットチョコレート。日常に比べると量は少ないけど、豊かな食事になりました。これは、前回の親知らずを抜いた時にも、相当弱ってて、温かいの飲みたい…けど、飲めない!と思い込んでた妻に、ストローなら飲めないかな?ということで、やってみたら大成功したお上品ホットチョコレートです笑
話は変わりますが、母から聞いた話、私が子供の頃、体調が悪くなるとホットケーキを作って!とせがみ、作ってもらっていたみたいです。やっぱり甘い物が欲しくなるんですかね。なんででしょう?笑

やすは追加で味噌汁と干しいも

トマトの酸味とキャベツの甘味、キャベツとえのきの歯ごたえで満足感◎

私も妻と同じメニューを食べてましたが、少し物足りなかったので、汁と汁にはなりますが、野菜たっぷりの味噌汁を作り、頂きました。今日はキャベツとトマトとえのきの味噌汁。いつもの勢いで二人分作ってしまったので、残りは冷蔵庫。翌日のお昼ごはんや夕ご飯に活躍してもらいます。

やす
やす

どんな状況でもリアルフードできるね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました