【バニラコーヒー】あのコーヒーを追い求めて〜その2

モチベーション
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

前回の記事で、ノアノアのバニラコーヒーが好きな話をしました。今日は、家から出て、似ているバニラコーヒーを探しに行ってきました。

やす
やす

雨が止んでから出かけたので、
時間は少なめ。でも、方向性は見えてきました。

とりあえずパッケージされたドリップバッグを探しにいきました。

好みの味かどうか、試飲するためにドリップバッグを探していました。1袋は好みの味でなかった場合、消費するのが本当に大変。そう考えるとドリップバッグ一択でした。写真の様な個包装を求めていました。

KALDI

画像:公式ホームページhttps://www.kaldi.co.jp/aboutus/より

以前、KALDIにライオンマークのバニラコーヒーがドリップバッグで売っていた記憶があったので、早速行ってみました。2階建ての店舗で、くまなく探しましたが、そもそもライオンマークのコーヒーすらありません。コーヒーとバニラの素材を組み合わせたら再現できるのでは?という妻の職場での助言を参考に、バニラを探しました。

KALDIでみつけたバニラエッセンス

画像:Amazon商品ページより

気になる成分表

画像;Amazon商品ページより

普段、お菓子を作らないので、馴染みがなく、どんな原材料か全く予想が出来ませんでした。実際に見つけて、見てみると、目を疑いましたが、エタノール35%、グリセリン6%、カラメル10.1%という記載でした。

Amazonの商品ページの原材料はこちら

‎純水、エタノール、グリセリン、香料、カラメル色素

リアルフードから程遠い事がわかったので、やはりドリップバッグを探す事に。

スーパー

不思議と、スーパーの方が品揃えが多く、ライオンマークのバニラコーヒーを発見しました。ですが、肝心のドリップバッグがない。これは諦めろ!というメッセージかも….と思い、今日は一旦帰宅しました。

諦めきれずAmazonを徘徊

バニラエッセンスのショックが大きかったのですが、Amazonを改めてみていると、タヒチのバニラパウダーを発見しました!Amazonおすすめの横にシュガーとありますが、きっとパウダーです。1500円と少しお高め。

さいごに

リアルフード的にバニラパウダーとコーヒーを合わせるという方向性が濃厚ですが、あと2〜3日かけてドリップバッグを探してみようと思っています。はたして、あの味に巡り合えるのか….

やす
やす

ドリップバッグを探していましたが、
バニラパウダーとコーヒーを合わせる方が、

面白そうだなぁ…と思い始めました。
さて、どうなることやら….

コメント

タイトルとURLをコピーしました