365日更新するという挑戦

モチベーション
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

なにか練習が必要な場面があると、人前での練習より、一人でコソコソ練習をする、コソ練が得意なことに、33歳になって気づきました。ボルダリングでもなんでも、コソ練して上達した姿を見てもらいたい!そんな人みたいです。最近は、パーソナルトレーニングの体験をして、正しいフォームを習う重要性を感じました。コソ練だけじゃ足りない部分も見えてきたように思います。

宣言するのが苦手だった。

SNSなんかを見ると、勢いのある人は自分の目標を掲げたりしています。同じように取り組む気持ちはあるんだけど、宣言するまでは行かない。途中の挫折も怖いし、人から「そういう目標がある人なんだ〜」逆を返せば「今は出来てないんだね〜」と思われるのが嫌だったみたいです。他の人がどうとも思えない、水面下でもがくスタイルでした。そんなこんなで、ブログをやっています!と公表できたのも118記事目。もうできるようになってから

1つのことをやり続ける、積み上げも苦手だった。

今、23:00。毎日更新する!と決めているので追い込んでいます。そういえば、大学卒業の時に、お世話になってた教授から「お前は継続力と習慣が足りん」と言われるぐらい、飽き性でした。今思えば、研究や課題なんかも締め切り近くになってからしかやらない人間でした。自分でやる!と決めたブログでも調子がいいと時とそうでないときのバラツキがあるんだなぁときづきます。

実家での整理整頓・改善担当だった。

今思えば、実家でも生活の質を上げる事に取り組んでいました。家族と共有するものもあるし、100%思い通りには行かないけど「こんなのがあったら、もっと整理しやすいんじゃないか?」とか「ここはこうしたらいい」と、普段忙しい母や父ができない部分を、自分なりのより良いを求めて実践していたんだなぁと思い返しています。

生活の質を上げるというテーマではないけど、僕の現状でした。

2000文字程度を書くことには慣れてきたけど、まだペースを掴みきれていない。そんな現状でした。過去の自分と比べると成長を感じますが、まだまだ行ける!そう思います。ブログを知人に公開したことによって、見てくれる人が増えた中、改めてこんな話がしたいなと思い、つらつらと書いています。

ブログに込める想い。

すごく当たり前だけど、読むには時間が必要です。みんさんの貴重な時間を無駄にしないように、なにかお役に立てるような発信を貪欲に追い求めていきます。

やす
やす

最後まで読んでくださりありがとうございました!
これから進化していくので、

思い出して覗いてもらえると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました