代官山でコーヒーめぐり

マインドフルネス
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

気を抜くと、ずっと家の中にいられるやすです。旅行から帰ってきて5日間家からでませんでした…。ちょっとだらける日もあり、スマホとにらめっこ。結果、首肩がバキバキにこってしまい、眼精疲労からグロッキー。今日はしんどいながらも、気分転換したくて外出しました。

Vibram FiveFingersービブラムファイブフィンガーズ

ちょっとお高いのですが、散歩に行きたい欲が上がるので3年前から目をつけていたファイブフィンガーズを買いに行きました。今までは、クッション性のあるスニーカーばかり選んでいたのですが、より良い散歩を考えると、より身体に刺激を入れたいなぁと思うようになりました。素足感覚に近く、5本の指を使う点がすごく良さそうでした。

マンションの一室なので、ちょっと抵抗がありますが、入店するとそこはお店。質問もしまくれるし、試着もできる。行ってよかったです。特に靴下が履き心地がよく、靴と一緒に買いました。

Barefootinc Japan株式会社

日本で試着ができるのは多分このお店だけ。開店日が決まっているらしいので、詳しくはHPで。

AmazonやBarefootincの公式ホームページからも買えるようですが、素足に近い感覚のシューズ。一度試着したいと思って、お店を調べずに先延ばしにしていたら3年以上経っていました。3年越しということもあり、少し奮発した買い物をしました。

ネルドリップのお店ーフェリオ

買い物を済ませ、ネルドリップの老舗フェリオへ行くことに。普段は自分たちの心地良い環境しか行かないので、いつもは絶対に行かないところへ行ってみようと思い入店。タバコがモクモクで入店するかしないか5秒固まりました。気さくな店主さんの「どーぞ!」の声につられて、入店することに。ネルドリップは500円/1杯とかなり良心的。お代わりは300円だったので、お代わりする気満々でしたが、夫婦揃ってタバコのモクモクにやられ、グロッキー状態に。5〜8分程度の滞在時間でした。

店内の喫煙率はほぼ100%。路上喫煙が厳しくなった分、みなさん憩いの場として利用している印象でした。不思議と年齢層は幅広いお客さんがいました。

コーヒーは美味しかったです。量は少し少なめな印象ですが、タバコのお供としてはいい塩梅のなのかもしれません。

ウッドベリーコーヒーin代官山

タバコのモクモクで限界を向かえ、足早に帰宅しようとしました。自分たちからもタバコの香りがするのは、昔のカラオケ店を思い出させます。普段は癒やされるはずのコーヒーで、グロッキーになったままでは後味が悪いので、改めてコーヒー屋を探す事に。支店がいくつかあり、夫婦でお気に入りのウッドベリーコーヒーへ行きました。空気が澄み切ってて心地よい。

やす
やす

最近は浅煎り〜中煎りが好みです。

嗅ぐ、味わう

豆の段階でも香りを嗅いで、どの豆にするか参考にします。店員さんに好みを伝えつつ、5つの選択肢から今回、あまり見かけないルワンダのコーヒーを選びました。ドリップ後はまた違う香りで、カップの香りを嗅いで堪能しました。

やす
やす

香りを嗅いで、

ややキマっています。

お祝いや贈り物、お返しなどでもよく利用させてもらうコーヒーショップ。ぜひ行ってみてね。https://woodberrycoffee.com/

さいごに

やす
やす

ブログを書きながら、

違和感を抱いていました。

旅行記を通して、訪れたお店やお土産を通して買ったモノを紹介する機会が多かったのですが、紹介していて違和感を感じていました。というのも、瞑想やマインドフルネスを通して僕が得ている気づきや学びの先には、買い物やスイーツなどで物欲を満たさなくても、豊かさを感じられる事が支えになっているのです。もちろん、物欲を満たす買い物では、以前より豊かさを感じる事が出来ています。瞑想講師の資格も取り、毎日実践しているので、少ないモノでもより豊かな生活をするブログというテーマもいいかも、と感じています。

やす
やす

僕の中では、音楽フェスを蹴って、
ごみ袋一つと、少しの意志で、とても豊かに過ごせた、

ゴミ拾いの体験が大きかったと感じています。

今後のテーマが少し変わりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました