夫婦間でのプレゼントに悩む。なにせ友人歴10年なので。

モチベーション
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする
やす
やす

誕生日やクリスマスには、
用意していないフリをして、
ちゃんとプレゼントする派のやすです。
ですが、年々プレゼントのハードルが上がってきました。

妻とは大学の仲良しグループ歴10年。

籍を入れたり、引っ越ししたり、挙式を上げたり、退職したりで、生活環境が大きく変わった1年半でした。妻とは付き合い初めて約3年。その前は大学の仲の良い友人でした。友人歴は10年。お互いの誕生日にプレゼントを贈り合う間柄でした。最初は残る物をあげていたと思います。日常生活で使うと便利そうな物や、生活の質が上がって心地よく過ごせるかな?というプレゼント。彼女がヨガのインストラクターなので、肌触りの良い貴重な綿を使ったタオルや入浴剤。リラックスタイムにと思ってカモミールティーなど、だんだん残らない物を贈っていました。

贈れそうな物を送った感と物欲の減退。

友人として約10回、恋人として1回の誕生日を贈り合うと、贈りたいものも贈った感がでてきました。年齢を重ねるに連れて、物欲が減ってきました。「あんまりものを増やしたくないんだよなぁ」という具合です。なので、どうせ贈るなら、本当に使えて、喜んでくれるものはないか?と欲が出てきます。

二人で使う日用品にしよう!と思いつく。

年々、贈る物への条件とこだわりが増えていき、選ぶのが簡単では無くなってきました。ですが、イベントは訪れるものです。生活の質も上がるし、二人で使う日用品・台所用品だと嬉しいよね!という結論に。「白砂糖を避ける」というルールで生活していたため、普通のチョコレートではなく、ハイカカオ80〜90%のチョコレートを楽しんでいました。

健康家庭料理

夫婦で健康家庭料理を突き詰める過程で「ケーキを買ってきたよ!」とか「今日は出前かピザを取ろう!」みたいな”楽しさ”が少ない事に気づきます。ほうれん草をそのままかじっていた僕なので、独り身なら問題ないのですが、夫婦での生活となると、相方のメンタルが気になります。どうせなら楽しさに振った健康家庭料理の方向で調理器具を探してみました。

ベルベタイザー

ちょうどそのころ、蔦屋家電で予約を開始し始めた”ホットチョコレートメーカー”がありました。商品名がベルベタイザーと言います。ホテルショコラの製品で、作り方もお手入れも簡単。少し値が張りますが、見た目も可愛いということで、お互いのクリスマスプレゼントに選びました。健康生活がつまらん!という人の参考になるかな?と思って記事にしてみました。

今年のプレゼントは旅行と漫画セット

好みがだいぶ偏っていると理解しつつも、今年の誕生日プレゼントをご紹介。掛川旅行とハニワットという組合せでした。

やす
やす

前々から気になってはいたのですが、
半年ぐらい、欲しいなぁ、欲しいなぁと言っていたので、
最新の10巻までをプレゼント。
二人で感想をシェアしています。

さいごに

やす
やす

みなさんはどんなプレゼントを贈り合っているんでしょう?
ここ最近の大きな目標は、フィンランドでオーロラを見る。です。
妻は一度失敗したみたいなのですが、僕はラッキーな人生なので、
しっかり観れると思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました