追い込んでも、割れない腹筋….

Real【日常・学び】
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

夏はアイスクリームよりサクレレモンやICEBROCKなどの氷菓子派のYasuです。(ガリガリ君とガツンとみかんも美味しい
昔は、暑くてダルいとき、CCレモンとポカリスエットを飲めば元気になる!と謎の信頼があって、近所のどの自販機に売っているか完全に把握していた私です。
喉カラッカラの状態で炭酸を勢い良く飲んだあとの、数秒間炭酸の痛みに耐える気持ちよさを楽しんでいました。
まさに「何も言えねぇ」状態。

運動+運動で腹筋割れるだろう!作戦

人に指摘され、自分の体の状態を自覚。
「お腹でてるね」に対して、まさに「何も言えねぇ」状態。ぐうの音も出ません。
ボルダリングを4年半それなりに取り組んだものの、日中はデスクワーク。加えて食欲旺盛。お腹がぽっこりしていたので、割れている腹筋に憧れました。

普通に腹筋してもたかがしれているので、
ボルダリング終わりに必ず腹筋。
トレーニング+トレーニングなら割れるだろう!という考え。
効率を求めて、強度が高いトレーニングをYoutubeで発見。

これに加えてアブローラーも併用。できることはしたつもりです。
とりあえず2ヶ月は取り組みました。

めちゃくちゃ追い込んだのですが、結果は心なしか脂肪が薄くなったかな程度…
動画の内容は本当にキツくて、最高でした。

噂に聞いていた「20代後半から太り始めるし、痩せにくくなるよ」

20代後半、30代は体質が変わると聞いていました。
ですが、勝手に「私は大丈夫。」と謎の自信。

ボルダリングに腹筋、アブローラーを使ってめっちゃ追い込んだのに、思った通りに腹筋が割れない…昔は、すぐに割れたのに、なぜ…?
とても不思議に思いました。
噂に聞いていた、「20代後半から太り始めるし、痩せにくくなるよ」を実感した瞬間でした。

ここから学んだ事

運動量が多いだけでは痩せず、更に4つの気づきがありました。
・20代後半になると、学生時代の様に簡単に痩せるのは難しい。
・気合を入れて取り入れないと、運動量は減っていく。
・運動量が多いからと言って、痩せるわけではない。
・運動を頑張ると、その分食欲が増し、自分の意思で食事量をコントロールするのが難しくなる。

腹筋を割るチャレンジに挫折した私は、
なぜ、これだけ腹筋をしても効果が少ないのか?と疑問を持ち、
お金を払って、有料情報にも手を出しました。
そこでたどり着いたのは、下腹部には脂肪を燃焼するスイッチが少ないということ。
つまり、筋トレなどの無酸素運動ではなかなか成果がでにくいという事。
とはいえ、ランニングをする気にも、水泳をするにも気力が沸かない。
そもそも運動はボルダリングで精一杯だよ。そんな状況でした。

ここで初めて、食事を変えようかなあと考えはじめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました