【自炊レベル0から始める健康生活】

Food【食】
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

ども、
激務の淵から這い上がってきた、健康サラリーマンYasuです。

仕事が忙しかった頃、食事の優先度が低く、作業中に完全栄養食みたいなどろどろの液体をチューブで吸えたらそれでいい。と本気で考えていました。
忙しさを言い訳に、効率重視な私は、作る時間が惜しいと考え、
毎日外食。家に帰ってきては映画やアニメを見ながら、1日のご褒美にと、軽いお酒とおつまみ。加えてお菓子か、ゼリーが日常でした。

そんな私が、自分自身のために、健康に気を使い始め、
自炊に悪戦苦闘した頃の話です。

今では、休みの日に、嫌々手伝うわけではなく、作りたい!と作業を奪うぐらいに。自炊に対して苦手意識がなくなり、少し得意かも?と思うほどに。
更には、外食よりも自炊したい!という変貌ぶり。
おかげで、「コロナ渦の外食は自粛する」は全くと言っていいほどストレスがありませんでした。

100点満点は目指さない

身体に良いことをしたい!と意気込むのはとても良いことですが、
気合を入れすぎると、なかなか続かない。
全力疾走したら、息切れして歩いてしまうのが目に浮かびますよね。
あくまでも、長く続けたい。だから無理をしない。
を念頭に、自分にできることを増やしていく。

自分の中での最低限超えられたら嬉しい合格点と、これは耐えられない!という赤点の2つを探っていきましょう。

ちなみに、私の場合、
夕飯の合格点はとにかくお肉が食べられれば、一日疲れた自分にとってのご褒美になる!と思い、産地は特に気にせず、とにかく沢山食べる事で、自分を喜ばせていました。
量でいうと300g以上は食べたい(デスクワーク中心で、特にスポーツをしてない人からすると結構多いかもです。
焼くでも茹でるでもなんでもOKでした。
赤点はそうめんだけとか野菜だけ、スムージーだけといった、「ダイエットっぽい質素な食事」物足りない!とならない事でした。

トライアンドエラーを繰り返し、今の自分にできることを無理なく少しずつ増やしていった結果、自炊レベルが上がっていったのかなと思います。
私の経験を元に、自炊をレベル別に分けてみました。自分がどのレベルにいるのか、100点を目指そうとして頑張りすぎていないかどうか、参考までに見てみてください!なみに私は3年かけて、今自炊レベル7まで到達しました。

自炊レベル

レベル   内容
外食・コンビニ飯・カップラーメン・インスタントラーメン・お菓子・ケーキ・コンビニスイーツ
・昼食買い弁・レトルトカレー・冷凍食品・菓子パンなど
0.5お惣菜・パックごはん・カット野菜(ゼリー果物、チューブの調味料、市販ドレッシング)
ちぎる(極力包丁使わない)・ワンパン料理(鍋やフライパンひとつで作って、洗い物も少ない)・カット果物
焼く・煮る・ご飯炊く・パスタ・麺を茹でる・果物はほじる
 冷凍お肉・冷凍ご飯をストックする
野菜を切る・刺し身
 フレッシュなお肉・フレッシュなご飯(冷蔵中心)
 昼食のお弁当も自分で持っていく
魚焼く・スライサーを使ってサラダ調味料を無添加に
 産地を気にし始める
得意料理を見つける
 例:ペペロンチーノ・チリコンカン(ニンニク・オリーブオイル・唐辛子をベースにしている料理はかなり多い)
 母の味再現など(定期的に作って完成度を追ってみると楽しい
 自家製甘酒・スムージー/レシピ通りに作ってみる
人の為に作れる
 例:けんちん汁( 帰宅が遅く、重いものは食べられないが、味噌好きなYuriの為にできた定番メニュー)
 /レシピをアレンジ
人と折り合いをつけれる※Yasuはいまここ
 例:パン好きなYuriと、精製小麦を食べたくないYasuの妥協案でライ麦パンを採用する(いまでは休みの日の楽しみの一つ)
購入した食材でストック品を作る
 お菓子・常備菜など
外食した食べ物を再現しようとしてみる(8割ぐらいの完成度でもめっちゃ満足できる)
10友人に自信を持って振る舞える
 /新しい料理を考案できる
取り組む際に、精神的に負荷の低い作業がレベル0、無理して高レベルに取り組まず、低レベルで経験値を積みましょう。

こんなこと考えなくても自然とできるようになったよ!という方もいらっしゃると思いますが、私の場合は一人暮らしを10年してても身についてなかったので、こうやって一覧表になっているともう少し早くマスターできたかもな…と思いながらまとめました。

Yasu
Yasu

千里の道も一歩から。焦らず、まずは自分のために自炊をチャレンジしていきましょう。
Yasuは全然ダメダメだったんだ!というのがわかってもらえれば幸いです。
今後はそれぞれを詳しく解説していきます。

Yuri
Yuri

Yasuが作ってくれるけんちん汁、チリコンカン、ペスカトーレ最高◎

全粒粉パスタのペスカトーレ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました