【観劇→日常】日々の生活の中のサインに気付く。【ねじまき鳥クロニクルより】

マインドフルネス
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

最近、ねじまき鳥クロニクルの舞台を観てきました。
圧倒的な演出力に、若干の置いてけぼり感を感じながら、
遅れて、原作を読み直しています。

より良い未来を掴むには、行動して、変化を起こす。

ビジネス書は読んで満足では意味がないとよく言われます。
”意味のある読書”は、実際に行動へ移す事で、現実が変わっていく。
なので、観劇した作品でさえも、日々の生活に落とし込んで、
現実をより良くしたい。
というのが今回の魂胆です。
原作の読み直しは、まだ1部の前半ですが、気付きと実践ができたのでシェアです。

僕から見た、主人公の印象。

ねじまき鳥クロニクルの主人公トオルは、
環境の適応力はあるものの、事なかれ主義。
自分の意見があまりなく、なにかサインがあっても直視しない。受け流す。
舞台からも原作からもそんな印象がありました。
舞台では、人の悪意に絡め取られ、大波のような負の流れに飲み込まれていました。
急展開であれよあれよと、非現実的な方向に向かっていく主人公。
どうしてこうなったんだろう?と考えると、
主人公トオルの在り方が影響しているのかなぁ、と暫定の解釈をしました。

実生活の普段の僕はどうだろう。

僕自身の生活を振り返ると、
日々の生活のリズム・ペースを崩したくなくて、
重たい話題は後回しにしがち。
何か違和感があっても、反発を恐れ、話題に出すことを避けます。
相手のテンションが下がることも避けたい。

いざ、対峙。

トオルの様に取り返しのつかない事態を避けるべく、
意を決して、話題を振ってみました。
声のトーンや言葉選びに細心の注意を払いながら。
ここでは、マインドフルネスの学びが活きてきます。
作りたいのは、より良い世界。やさしい世界。
そのためなら、言葉選びや声のトーンも慎重に選びます。

反発は無いものの、やっぱりどこかひっかかります。
簡単に答えがでるとも、そうでないとも思ってませんでしたが、
妻が素直に真意を話してくれるには、根気よく”聴く”を実践する必要がありました。
急かさずに、発しようとした言葉の腰を折らない様に。

以前にも実践したシェアはブログの後半。

沈黙を恐れず、待つ。
言葉に出来ない時間に、焦らず、待つ。

溢れ出る感情。

気づけば、彼女が溜め込んでいた感情が爆発していました。
ちゃんと聴いてみると、僕が思っていたポイントではなく、
別の事で感情を押し殺していた様でした。
ひとしきり聴くと、僕の気持ちも伝えます。
2人に関係する事から、関係しない事まで。
今回の場合、僕からの意思表示が必要そうな事柄でした。

妻はかなり泣いたので、翌日は嘘みたいに長時間の睡眠をしていました。
詰まりが取れると、クリエイティブ・エネルギッシュになる。
嵐が過ぎ去り、カラッとした快晴となりました。

復習:日常のサイン

やす
やす

大事なことなので、
皆さんも、ぜひ、
自分に置き換えて考えてみてね。

夫婦間の日常のサイン:どちらかの感情の詰まりがあると、迫りくるライスワーク中心になって、大事な事が進んでいない様な感覚に陥ります。目を合わせる頻度が減る(らしい)
僕、個人のサイン:家に籠もる。1つの課題に囚われる。

さいごに

ねじまき鳥クロニクルから、対話の大切さに気付かされ、”聴く”実践をしました。

やす
やす

皆さんの日常には、どんなサインがありますか?
明日は、詰まりが取れた後の変化をお届けしたいと思います!


コメント

タイトルとURLをコピーしました