お墓参りと断捨離

マインドフルネス
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする

メンタルコーチの助言に沿い、この2週間のテーマとして、環境整理と感謝が僕にとって必要そうでした。

やす
やす

気圧の変化でしょうか。

ここ最近、眠たくて仕方ありません。

身体のシグナルを無視して、突っ走ることもできたのですが、
ここは一旦、おやすみモード。
みなさんは体調崩されていないですか?

お墓参り

お彼岸ということで9.20にお墓参りに行ってきました。ご先祖様を想い、命の繋がりを感じる。妻の実家のお墓参りだったので、お会い出来なかったおじいさん、おばあさん。どんな方だったのか思い出話を聞いたりしていました。でも、今回のお墓参りはどちらかというと、「家族団らん」。お互いに感謝し合う、良き時間でした。

もう9月も終盤なのに、まだ夏のような暑さでした。草むしりを30分ほどすると汗びっしょり。オフィスに居ると感じにくい、四季を今年は体感させてもらっています。

交通手段は車


車だと目的地まであっという間。午前中で2家も周れ、とても効率的でした。お昼をご馳走になって、早々に解散しました。運転手は運転に集中するし、車という密室では、声も届きにくく、なかなか会話に集中できなかったりする。昔ながらの電車やバスを使って、故人がどんな人だったか?というエピソードを共有できてらいいよね。なんて思ったりもしました。

たらればになってしまいますが、同じ時間を共有しているようで、していないような、不思議な感覚に陥りました。隣を見ると妻はぐーすかぴー。顔を見て話す事もできない、ミラー越しに少しアイコンタクトをしながら話すと、よほど気の知れた中でないと会話って難しい気がします。

断捨離その2

やす
やす

必要無くなったものをみて、
自分に変化があったのかな?と感じています。

1回目は処分量が多くまとまったお金になったことが印象てきでした。今回はあくまでも環境整理。今の自分にフィットしているのか?していないのか?細かいところもこだわり、チェック・分析していこうと思います。

処分したもの

・入居当初からあった妻の実家の家具
・入居当初からあったトイレブラシ
・書籍68冊(ビジネス書・漫画)

これから捨てるもの、こと

・もしかしたらOuraリング
・SNSや動画を見る時間

処分はせず、使用を中止したもの

・Ouraリング(睡眠の質測定器)

健康に向かって生きていく!と決めてから、結婚式でもつけていたOuraリング。(人差し指の黒いやつ)睡眠の質を評価してくれます。睡眠中の心拍数もしっかりチェック。運動時の消費カロリーや心拍数の変動も計測してくれます。計測結果をアプリ内に蓄積するために、1日1回必ずアプリを開くという動作が必要になってきます。ですが、最近はそれもきつくなってきました。加えて、4〜5日に1回行う充電もあります。外での運動が多い場合は2〜3日に1度充電が必要となります。

大きな生活スタイルの変化

退職して、独立を目指す!という挑戦ということもあり、睡眠サイクルが乱れてきました。学生時代もそうだったのですが、夜行性なのかもしれません。最近だと、3時間の仮眠を細切れするスタイルになり、睡眠の中央値もかなり遅くなりました。そうなってくると、今の数字で表される評価にどれほどの価値があるのか?と疑問が湧くようになりました。

数値評価は過去のこと。

Ouraリングの特性上、収集データを基に評価をしてくれます。瞑想の状態も評価してくれますが、どれも収集データを基にしています。つまり、過去の情報ということ。睡眠サイクルに至っては、何ヶ月間のデータを分析してくれています。結局のところ、リアルタイムの情報ではないということ。あまりにも環境が変化してしまった今、数値評価に疑問が残り、アプリを開く必要性も感じなくなってしまった。それよりも、呼吸をした時に、どこが痛いのか?だったり、眠いなら呼吸法をしてみようかな?と観察し、自分の感覚重視でケア・コントロールする方向性に変化しています。

さいごに

やす
やす

理屈や論理、科学重視な毎日でしたが、
自然なサイクルに興味が出てきました。
毎日違って面白い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました