断捨離④粗大ごみと気付き

マインドフルネス
この記事を書いた人
やす

やす|清水康行
1989年生まれ。
生活の質を上げる事に向き合っています。
資格:WINメディテーション®公認プランナー
大学卒業後、スポーツアパレルのベンチャー企業に入社。「一生懸命働けば幸せになれるはず!」と信じ、11年半勤続。途中、昭和的な働き方をして、新規事業を立ち上げ成果を上げるも、心と体が疲弊。将来に対して明るい未来が描けない経験をする。「僕の人生これでよかったんだっけ?」と気付き「生活の質を上げる」事と、しばらくして「食事改善に取り組む」。どちらも功を奏し、結婚するまでに人生好転する。今は退職をして、自分の生き方を模索中。

やすをフォローする
やす
やす

本や洋服が売れ、だいぶスッキリしました!

やす
やす

具体的な処分品の前に、瞑想家として、

今回、断捨離が上手く行った理由を分析していきます。

やす
やす

長かった断捨離もこれが最後!

本や洋服以外にあった処分対象はこんな感じ。

家電製品・レジャー登山用品など

ノートPC 2007年製
ミニPC 2013年製
iPhone SE2
ブルーレイ再生機
4年前ぐらいに買ったクライミングマット
通勤ランニングで使っていたリュック
ボルダリングのときに使っていたリュック
アクセサリー

家電

まずはざっくり、家電とそれ以外で分けました。

ノートPC 2007年製
ミニPC 2013年製
iPhone SE2
(ブルーレイ再生機)

Appele経由でリサイクル依頼

PCやスマホは、資源有効利用促進法によって、捨てられず、リサイクルかオークションで売る必要がでてきました。オークションはやったことがなく、今回は早めに片付けたかったので、リサイクルすることに。Apple製ではないブルーレイ再生機は粗大ゴミに回すことにしました。

新しい仕事の都合上、Macbookを買う必要があったため、Apple経由でiPhoneやノートPC、ミニノートPCは無料リサイクルを利用しました。リサイクルに回したのはすべてApple製です。

よくわからないものはとりあえず粗大ごみ

安全を確保するためのマット。
クライミングマット
ブルーレイ再生機

引っ越しの時によく利用していた、粗大ごみの依頼をします。ネット申し込みで、該当しそうな項目をさがし、予約をしました。今までの私であれば、すぐに粗大ごみシールを買いに行くのですが、今回は、前日になってもチケットを買いに行く気がしませんでした。なんででしょう?

やす
やす

以前の習慣より、新しい解決策を探しはじめた理由を探っていきます。

集荷前日に買い取り査定依頼

粗大ごみの予約をし、回収前日の朝。何を思い立ったか買い取りのLINE査定ができる会社を調べ、問い合わせをしてみることに。

査定をお願いした2社
・リユースNEXT
・アウトドアパラダイス

結構返事が早く、リュック2つとマット合わせての仮査定の連絡が来ます。粗大ごみで1000円ぐらいかかるところが、お金もらえるんだ!ラッキーだ!と思い、近所のお店に持っていくことに。ついでにブルーレイ再生機も持っていきました。

2社に査定依頼 早かったのはこちらの業者さん

アウトドアパラダイスさんでした!20分程度で返事が帰ってきました。

ひとしきりアウトドアパラダイスさんとやり取りし、店頭持ち込みをすると話がまとまった後、リユースNEXTの返信がないか確認。残念ながら、返事無しでした。もう話はまとまったので、リユースNEXTさんに対し、「他の業者さんにお願いすることになりましたので、返信不要です。ありがとうございました。」という連絡を入れ、終了。より高価に買取ってもらう事が目的ではなかったので満足しています。

クライミングマット・リュック・ブルーレイ再生機は店頭買取

マット大変だった…笑

サイズ的にどうやって送ればいいかわかないクライミングマット。これの処分はハードルが高かったです。結果、たまたま近所に支店があったアウトドアパラダイスに頑張って持ち込みました。

買ってから経った月日は関係なく、このブランドで今この定価だからいくらで売れるとお店側が勘定した上で、この値段ですねぇと査定してくれる。物の価値ではなく、今の市場価格がベース。査定依頼してよかった。

査定にかかった時間

大体40分ぐらいだったと思います。

終わりました〜などの電話連絡がなく、終わったかな?というタイミングを見計らってお店に向かいました。入店しても、店員さんは他の査定をしていて、こちらから声をかける感じ。

瞑想を通して、何に向かうべきかわかってきた。

今回の断捨離、できる人にとっては、そんな簡単なことできないの?とびっくりされるかもしれません。でも、真面目に取り組んでも100点満点はなかなか難しいのです。私にとっては捨てる事。これが以前の100点でした。今回、瞑想習慣によって、より良い選択ができるようになってきました。

瞑想の最中にわかるというより、終わってから気づく

私の場合、瞑想が終わってから、「これならできるかも」と気付きます。スッキリした頭の状態で、集中すべき事に向かえているからでしょう。例えば、一刻も早く捨てたい。なかなか断捨離が進まない。どうする?現実的に起こせる行動は「捨てる」「売る」の2択。捨ててスッキリした状況で、やることに全力投球できる環境を作りたい。でも、会社を辞めて、収入を作りはじめた状況、安定した収入はない、少しでも生活の足しになるなら、「売る」をしてみようかなぁ…「とりあえず、検索はできるな」「検索してみよう!」という感じです。

やす
やす

検索してみよう!

昔の自分との違い

昔も、何度か売ろうと思ったはずです。やらないゲームや読まない本。何が違ったかというと、「どこに向かっているか」という方向性と「瞑想習慣」です。瞑想習慣が身につき、落ち着いて自分と向き合う事ができています。その結果、頭もクリアで悩み事もほぼない。考えやすくなっているのを実感します。加えて、「どこに向かっているか」がはっきりし、「今の自分に必要か?これから変化していく未来に必要か?」という問いをすると、ほとんどが「No,いらない。」となります。

売ることができたので、次回はより良い選択ができるという予感


断捨離のタイミングは人生でそんなに訪れるものではないかもしれません。ですが、日々の生活の中で、ルーティンとして落とし込んでみたり、定期的に処分していくなどすれば、より最適解に近づくでしょう。私の場合、周りにはオークションやフリマサイトで上手にやりくりしている人が何人かいました。結びつけるのもどうかと思いますが、上手にやりくりしている人は共通してお金管理が上手で人生うまく行ってそう。となかなか上手に立ち回れない自分と比較していました。でも、100点満点ではないにしても、はじめて「自分の価値観を捨てた断捨離」ができました。次に物を処分する時には、より良い選択ができる!と自分の中で予感があります

やす
やす

アクセサリーの話をしようと思いましたが、収まりませんでした…
次回はアクセサリーの話と、いよいよ査定額の発表です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました